お問い合わせ
自宅と塾がつながる。インターネットで個人レッスン。 ボクだけの先生で”生”授業

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?(解答編)

コトバーー特に流行語は、毎年毎年新しいモノが生まれは消え、生まれは消えを繰り返しています。中には定番になるものもありますが、ほとんどは消えています。
さて、ココでは、ウチコベがプロモーションで行ったTadaNote(タダノート)に掲載した「昔、流行ったコトバ」の解答を掲載します。

いくつ当てられたかな?


昔、流行ったコトバ「ハイカラ」の答え

ハイカラ
第11問めは、「ハイカラ」です。 このハイカラは1900年代に登場したコトバです。もともとは、「high collar」ーーつまり、高い襟を表すコトバだったそうですよ。色のcolorとはスペルが違うので注意してくださいね。 さて、こ...

昔、流行ったコトバ「ホの字」の答え

ホの字
第10問目は「ホの字」です。 このコトバの誕生は、ドロン並に古く同じく江戸時代頃だそうです。ちなみに出展は、平家女護島という近松門左衛門の浄瑠璃の作品です。 ここでまさかの歴史用語と歴史人物が登場です(笑) 「ホの字」とい...

昔、流行ったコトバ「MK5」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「MK5」
第8問めは「MK5」です。 読み方は「えむ・けー・ふぁいぶ」です。1990年代半ば~後半にかけての流行語で、チョベリグ・チョベリバと同じように当時のコギャル用語です。 問題の答えは、1997年の広末涼子のデビュー曲「MajiでK...

昔、流行ったコトバ「半ドン・花金」の答え

半ドン・花金
第9問目は「半ドン・花金」です。 「花金」は「花の金曜日」の略だそうです。 「半ドン・花金」ともに時間に関する流行語ですが、この2つ、時代が全然違います。だから、別々に解説しますね。 まずは「半ドン」! このコトバは明治...

昔、流行ったコトバ「バタンキュー」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「バタンキュー」
第7問めは「バタンキュー」です。 このコトバが生まれたのは、戦後の混乱期。当時一世を風靡した関西の人気漫才師「花菱アチャコと横山 エンタツ」によって発明されたギャグだそうです。 とりま、それはさておき、このコトバの意味は「疲れた...

昔、流行ったコトバ「ツーツー」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「ツーツー」
第6問めは「ツーツー」です。 ツーカーの仲と同じ意味で使います。 まず「つうつう」というコトバを知ってますか? 「つうつう」自体が「二人の間に何のさまたげもなく、意思や気心がよく通じ合っている様子」というコトバなので、そこから...

昔、流行ったコトバ「ドロン」の答え

ドロン
第9問めは「ドロン」です。 コトバの誕生自体は超古くて、なんと江戸時代!もともとは歌舞伎で幽霊が消えるときの効果音だったそうですよ。 それが転じて、姿をくらますときの意味になったとか。 1980年代ころから、学生たちが使い始め...

昔、流行ったコトバ「テクシー」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「テクシー」
第5問めは「テクシー」です。 これは、さすがにキミのお父さん、お母さんでもわからなかった人も多かったんじゃないでしょうか。 「テクシー」は大正時代、1910年代ころから1950年代ころに使われた流行語です。今はもう死語です。 ...

昔、流行ったコトバ「そんなバナナ」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「そんなバナナ」
第4問めは「そんなバナナ」です。もしかしたら、一度くらいは耳にしたことがあるかもです。それくらい有名なギャグです。(オヤジギャク?) 1980年代半ばころの漫画「おぼっちゃまくん」ででてきたあたりから、子どもたちの間で大流行しまし...

昔、流行ったコトバ「チョベリバ」「チョベリグ」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「チョベリバ」
第3問めは「チョベリバ・チョベリグ」です。1990年代半ばの流行語で、主にコギャルと呼ばれた女子高生たちが使っていました。後に、キムタクが出てたドラマ「ロングバケーション(通称ロンバケ)」にも使われて、一気に世間に広がりました。 ...

昔、流行ったコトバ「ジモティー」の答え

昔、流行ったコトバ、キミはわかるかな?「ジモティー」
第2問めの「ジモティー」は、2000年代に入ってから生まれた流行語です。 「その土地の人」という意味のコトバで、「地元の人」とか「出身が同じ人」とかそんな意味で使われていました。 「地元」と英語の接尾辞「ee」をつけた日本語と英...

昔流行ったコトバ「ナウい」の答え

ナウイ
クイズ第1問に出てた「ナウい」っていうのは、1970年代末あたりから1980年代あたりで流行したコトバです。 英語の「now」に「い」をつけて「今風の」とか「今っぽい」とか、そういう意味として使ってたそうです。 この「ナウい」の反対...
お問い合わせ