お問い合わせ
自宅と塾がつながる。インターネットで個人レッスン。 ボクだけの先生で”生”授業

静岡式35人学級について検証した静岡県教育委員会の報告がありました

Posted in in その他

おやこアットエス : 「静岡式35人学級」検証、県教委 教職員の多忙解消

静岡新聞が運営するおやこアットエスに、「静岡式35人学級」に関する記事が掲載されていました。奇しくも昨日静岡県内の公立中学校で免許外指導が常態化ということで35人学級について触れていましたので、この静岡式35人学級についてもう少し触れたいと思います。

静岡式35人学級とは?

静岡式35人学級とは、文部科学省に提出された静岡県教育委員会の資料によると以下のように記述されています。

2学級以上、かつ1学級の平均人数が35人を超える場合には、1学級35人以下(下限25人)の学級を編制することができる。
‹
小学校1・2年生は、40人学級編制のまま、複数の指導者による体制により対応する。(現在は、35人学級編制)

学級における生徒人数が25~35人になっていることについても、同資料に掲載されています。集団として、練りあい・深め合う学習ができ、学級内のさまざまな問題への対応ができる人数規模が25人程度だというあたりから、25~35人程度の学級規模が適正と判断されたようです。

報告書が指摘した教員の多忙化の原因とは?

  • 加配教員の減少
  • 文部科学省や教育委員会からの通知文書や調査の増加
  • 部活動指導の業務増大や専門不足による負担感
  • 児童生徒の問題行動や不登校への対応
  • 保護者対応の増加
  • 管理職や教職員の意識

報告書が指摘する多忙化の原因は上記の6点です。昨日の静岡県内の公立中学校で免許外指導が常態化でも触れたとおり、少人数学級での授業は一人ひとりの生徒にかけられる時間が増える一方で、教員に対しての負担も増しているようです。

教員一人ひとりが子どもと十分に向き合える時間を確保し、教育の質を高めるのがそもそも静岡式35人学級の目標ですから、他の業務に時間を取られることで本来の目標が達成できないのであれば本末転倒です。
それに対して、加藤文夫教育委員長は「現場の実情とルールが合わず、多忙化を招いている」と指摘し、学校現場を重視したルール作りに努める考えを示した。とありますが、それによって今後の静岡式35人学級だけではなく、静岡県の小・中学校教育にも変化があるのではないかと思います。


お問い合わせ