お問い合わせ
自宅と塾がつながる。インターネットで個人レッスン。 ボクだけの先生で”生”授業

平成26年4月から公立高校授業料無償化制度が変わります

Posted in in その他

「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律」が第185回国会において、平成25年11月27日に成立し、12月4日に公布されました。これに伴い、平成26年4月から新制度を実施する予定です。

文部科学省のホームページには、公立高校の授業料についての法律が変わったことに対するお知らせが掲載されています。今年4月から高校に入学するお子さまを持つ家庭の皆様はぜひ一度読んでおくことをお薦めします。

4月から学年が上がるお子さまは現行制度(公立高校無償化制度)が適用です。

高等学校等就学支援金制度とは?

平成26年4月から適用される公立高校就学支援の新制度です。これまで公立高校に通うためにかかった授業料は無償化だったのですが、平成26年4月からは変わります。

この制度では、静岡県教育委員会発表資料にも

 国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税所得割額が 30万4,200円(4人家族のモデル世帯で年収 910 万円未満))の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給します。
就学支援金の受給にあたっては、申請書のほかに、市町村民税所得割額が確認できる書類が必要となります。

と、あるように、保護者の市町村民税の所得割額の合計額で授業料の支援金が給付されるかどうかが決まります。

保護者の市町村民税の所得割額の合計額 就学支援金支給の有無
304,200円未満の場合 就学支援金の支給対象となります。
304,200円以上の場合 授業料を納付していただきます。

就学支援金支給の対象は、上記にもあるように国公私立問いません。

就学支援金支給の
対象の在学要件
  • ・国立・公立・私立高等学校(全日制、定時制、通信制) ※専攻科・別科を除く
  • ・国立・公立・私立中等教育学校の後期課程 ※専攻科・別科を除く
  • ・国立・公立・私立特別支援学校の高等部
  • ・国立・公立・私立高等専門学校(第一学年から第三学年まで)
  • ・国立・公立・私立専修学校の高等課程
  • ・国立・公立・私立専修学校の一般課程(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設)
  • ・国立・公立・私立各種学校(高等学校入学資格者を入所資格とする国家資格者の養成施設及び告示指定外国人学校)

新制度に伴い、新しくできた就学支援制度も!

今回の公立高校無償化から、高校就学支援金制度に変わったことに合わせて、静岡県では、保護者の教育費の負担を軽くするために、新しい就学支援制度が生まれました。詳しい案内については、静岡県教育委員会発表資料の平成26年4月から「授業料無償制」等の制度変更をご覧ください。

1. 奨学給付金制度

奨学給付金制度は、低所得世帯の教育への負担を軽くするために、返す必要のない給付型の奨学金として支給するものです。

所得制限 市町村民税の非課税世帯
対象
  • 平成26年4月以降から入学する生徒
  • 保護者が静岡県内に住んでいる者
支給額
  • 生活保護受給世帯の場合 年に32,300円
  • 第1子の高校生世帯の場合 年に37,400円
  • 第2子以降の高校生世帯の場合 年に129,700円
    (23歳未満の扶養されている兄姉がいる場合)

2. その他の就学支援事業

学び直しへの支援 高校を中途退学後、平成26年4月以降に再び学び直すために入学する者に対して、卒業までの間(最長2年間)授業料相当額を支給する。
家計急変への支援 所得要件により就学支援金を受けられない者が、保護者の失職や倒産等により家計が急変し、授業料の納付が困難となった場合に授業料を減免する。

お問い合わせ